オーディオの妖しい魅力③

デジタルメーターは?

画像
KT-770

これはデジタルシンセサイザー・チューナーの表示です。1983年のトリオの製品です。やはりアナログのものと比べてどこかクールというのか寂しい印象があります。ただ分かればいいといった素っ気なさが感じられます。あのムードに溢れた夢のあるメーターはどこへ行ってしまったのでしょうか? 

画像
TC-K222ESG

これは1989年のソニーのカセットデッキです。確かにかっこいいですが、やはりムードや夢はありません。冷たく光るといった印象で、性能の良さは連想できますが、イメージは湧きません。

画像
TC-FX6

これはどうでしょうか? 
デジタル表示でありながら、割と面白いと思います。どこかファンタジーがあります。ソニーの1980年の製品で、当時としては画期的なデザインでした。それまでのかなり大型で立派な、ある意味威圧感のあるような70年代デザインから脱却し始めた製品なのでした。それでもどこか夢や温かさがあって良いのです。

画像
TC-FX6


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック